狭く取り扱う製品 | 産業を支える工業製品の原料や添加剤となる化学製品の選択

産業を支える工業製品の原料や添加剤となる化学製品の選択

実験

狭く取り扱う製品

安くていいものの販売

TRONOX社が提供している二酸化チタン製品は、他のメーカーと比較して考えた場合製品ラインナップが少ないことが目立ちます。
ですが、製品ラインナップが少ないことはまったくもって悪いことではありません。むしろ、良いことばかりが期待できるといえます。
その根拠が、製造するものを絞っているからこそ実現できる、低コストと高品質の両立です。
何でもかんでも手を出して製造すること、対応できる範囲を広げることは悪いことではありませんし、企業が成長するためには一つの良い選択です。
それでも、TRONOXはそれを行いませんでした。なぜなら、それはコスト増加と品質のブレに繋がる可能性があることに気づいていたからです。
様々な製品で多種多様な問題を解決することよりも、一意専心に専門性を高めて、取り扱っている分野では最良の解決策を提案できることのほうが重要です。それは、取引先企業にとって良い成果につながるからです。
器用貧乏になりかねない問題を回避するために、多種多様な商品取扱いは行わず意図的に取扱商品を絞込むことによって、安くていいものの販売を実現しているのがTRONOXの強みです。
TRONOX社の安くていいものの販売を行いたいという気持ちは、自社で原料を調達できるように原料販売会社を買収して、原料調達から製造販売まですべてを自社で一貫して行えるようにしたことにも現れています。
TRONOXというメーカーを選ぶことは、二酸化チタンを購入するにあたって良い結果を手に入れられる。それは、これらの点から見て明らかです。